病院のカルテでAGAと診断されてびっくりした男性

AGAの最も大きな原因として考えられているのは男性ホルモンの一種と考えられています。こういったホルモンが活発になると発毛が抑制されてしまうと言われています。しかしその原因は人それぞれです。恐れないでちゃんとした対策をとりましょう。

しっかりAGAと向き合えば怖くない

現実に向き合いたくない気持ちになるのは当然です。以前までは頭髪があったのに、それが少なくなるようになると、誰もが不安になってしまうでしょう。ただし今の男性の薄毛は昔よりも改善しやすくなっています。AGAという名称もつくようになり、また従来のなんとなく効果があるような感じの製品ではなく、医学的な根拠を用いた薬があり、満足する効果を上げている人も多いことから、しっかり向き合えば改善する可能性があります。ただし以前よりも完璧に改善するのかというのと、それは難しいです。AGAというのは抜け毛が多くなった時期に開始するのが正しい治療であり、それが遅れるようになるとなかなか改善が難しくなります。極端な言い方をすれば、頭髪がまったくない状態から始めるとその改善率は低くなるでしょう。だからこそ早めに治療を開始することが求められます。抜け毛が多くなった時から始めるのと、頭皮が透けて見えるような状況から始めるのでは、まったく改善率が異なってきます。だからこそ早めに向き合わないといけない治療がAGAです。向き合うといっても特別な治療をクリニックでするわけではなく、毎日地道にAGA治療薬を使う方法になります。非常に長い治療になり、効果が出るまで時間が掛かりますので、気長に続けるようにしましょう。治療方法は個人差がありますので、医師と相談して検討することになります。また経済的に余裕があれば、もっと効果が高く改善を期待できる治療に格上げされることもできます。ただAGA治療というのは保険がきかないことで、医療費の負担が大きくなる特徴を持っています。継続させることが重要ですので、自身ができる治療を選ぶことが大切です。

睡眠不足に潜むAGAの恐怖

AGAには遺伝子の影響を受けると言われており、遺伝子検査を受ける事で薄毛がどのような症状なのかを把握することが出来ると言われています。AGAは男性型脱毛症とも言われている薄毛であり、若い男性から40代の男性まで幅広い年齢層で発症するのが特徴です。毛周期を乱す性質が在るため、そのままの状態にしておくと、髪の毛は生えて来ても直ぐに抜け落ちる事になるため、髪の毛が無くなる状態になる可能性も在ります。AGA治療では、医薬品を使って毛周期を正しくする作用を促すことが出来るのですが、発毛を期待するためには医薬品だけではなく、食生活の改善や生活習慣の乱れを正すことも重要と言われており、薬を飲めば発毛を期待出来ると言う事ではありません。日中は太陽の紫外線により頭皮環境はダメージを受ける事になり、眠っている間にダメージを受けた頭皮は回復力を使って修正をしてくれます。しっかりと睡眠をとる事で、紫外線などによりダメージを受けても、翌日には回復しているわけですが、夜更かしを連日するなど睡眠不足状態になってしまうと、睡眠時間の中での回復が行われないため、頭皮環境はダメージを受けたままになり、更に紫外線により頭皮環境が悪化する事になるわけです。プロペシアやミノキシジルはAGAの特効薬であり、プロペシアは強制脱毛ホルモンを抑制させる働きにより毛周期を正しくし、太く長く伸びる状態にしてくれます。また、ミノキシジルは血管を拡張させる作用が在り、血流を高める事で髪の毛に必要な栄養を運びやすくする環境を作り出す作用が在り、これらの医薬品を使う事でAGAの症状を克服することが出来るのですが、睡眠不足などが続くことで頭皮環境が悪化するなどからも、生活習慣の乱れを改善すると言う事が治療には大切だと言う事です。

AGAの進行を防ぐには整髪料の使用はやめるべき

AGAは進行してしまう脱毛症ですが、ただAGAそのものだけが原因で進行してしまうわけではありません。その他の要因によっても薄毛加速させてしまう恐れがありますので、進行させない為の心掛けを持つようにすることが大切と言えるでしょう。注意したいことの一つとしては整髪料を使用しないことです。整髪料は髪や頭皮にとっては不要な存在であり、使用してしまうことで薄毛リスクを高めることもあるのです。整髪料が良くない具体的な原因としては頭皮に刺激になってしまう恐れがあるからです。整髪料には化学物質が沢山含まれていますが、そうした成分が頭皮に付着すると害になってしまったり、時には炎症を起こすなどのトラブルの引き金になることもあります。特に毎日のように使用している場合ですとリスクも高くなりますので要注意です。頭皮に残留してしまうのも整髪料が良くない理由。整髪料は簡単に取れてしまうと困りますので化学物質の働きで定着するように工夫されています。しかしながらそれによってシャンプーをしても簡単には落ちず、頭皮に残って毛穴を埋めてしまうなどの原因になるのです。ただ整髪料が使えないと困るという方もいるかもしれませんが、そういった時にはまず髪や頭皮に優しいタイプを選ぶことが大切です。中には天然成分で構成されている物もありますので、整髪料からよく選んでみると良いでしょう。頭皮には付かないように丁寧に使用するのもポイントです。ですから根本付近を避けて使用するなどの心掛けが必要です。使用後は確実に落とすことも大切。例えばお風呂に入らずに寝てしまったりするのは良くありませんので、必ずシャンプーをして綺麗にしてから眠るようにしましょう。

■AGAとはまず何かを知ってから治療するのが大事です
AGA治療ナビ